I think

いろは匂へど 散りぬるを・・・・
<< 写真展のお知らせ と 写真教室の忘年会のこと | main | 第九歓喜の歌でハッピーエンド2009 >>
写真展 **終了**
0

    ピザーラの
      宅配サンタ
        息白い


    赤れんがで撤収作業を終えた帰りに
    信号待ちをしていた時に…

    サンタ服が厚手の素材でできてないと相当寒い気がする。

    ****************************

    水曜日から始まっていた写真展は今日が最終日でした。
    今年は5日間で1200名の来場者ですって。すごーーい(゚д゚)

    会場
    会場

    3点出展
    今年は三点、出展させていただきました。

     銀行でもろた花 2 ブルーダイアモンド 2

    右:2009年1月 アイリス「ブルーダイアモンド」
    http://nao.maria.holy.jp/?eid=1144487

    中:2009年5月 トレニア
    http://nao.maria.holy.jp/?eid=1230358

    左:2009年11月 西洋あさがお「ヘブンリーブルー」
    http://nao.maria.holy.jp/?eid=1301515


    タイトル
    タイトル。

    去年は随分なやんだのに、今年はいくら考えてもこれしか思い浮かばなくて逆に困りました。

    おはな
    音楽繋がりのお友達も、団のみんなも来てくれました。
    すごく嬉しいです。
    指導の先生からはこんな素敵なお花もー。

    ****************************


    2008


    2009

    | | 写真展・美術展 | 20:14 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
    写真も先生から頂いたお花もとっても素敵だぁねぇ(〃⌒ー⌒)

    マクロ撮影の作品が多いけど、写真教室で主に指導されているテーマなのか?それとも結太さんの好み?
    | | 2009/12/13 9:34 PM |

    ■ルカさん

    ありがとうございます。
    こんな立派なお花をいただけるなんて思ってもみなかったので、余計に嬉しくてーー。

    私が行っている写真教室の先生は、技術的な指導とか、テーマを定めたりっていうことはされないようです。
    なので、マクロ写真は単に私の好みです(;^ω^)

    マクロ撮影でクセになるというか、私が好きなのは、あの一瞬の緊張感です。
    余計な説明が無い感じ?でシンプルな感じも・・・なんとなくするので。

    なんか思いっきり性格出てるようなきがしますが…
    | | 2009/12/13 10:39 PM |

    写真展、大盛況でよかったですね。
    今回もいろいろな写真、楽しませて
    いただきました。
    貴方の題材、幻想的ですね。
    私(素人)にはなかなか判らない(笑)

    写真って、本当に難しいってつくづく
    感じて見てました。

    でも、知らず知らずの間にスキルが上がって
    いっているのでしょうね。

    私は、題材に「人」を扱うの一番難しいんじゃ
    ないかと思ってます。
    でもなかなぁ・・・・?

    おかれ様でした。
    また機会があればお茶しましょう。
    | 窓際 | 2009/12/14 8:59 AM |

    ■窓際さん

    今年もご来場、ありがとうございます。
    色々と計算しながら技術を駆使して撮っている…わけではなく、
    なんとなくそんな感じ?的に撮ったりしているので、
    私も私の写真のことはよくわかっていませんし、あまり深い意味があるとも思ってはいません^^;

    知らず知らずのうちにスキルが?上がっているのかな。そうだといいです。
    来年はもっと色々なものを見る目を磨きたいです♪

    人 ですか。私はあまり撮ったことがありませんけど、感情があるもの、動くものは何でも扱いが難しいです。
    窓際さん、撮ってみましょうか ω`*)チラ
    | | 2009/12/14 11:19 PM |










    http://nao.maria.holy.jp/trackback/1301601
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    このページの先頭へ